読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしくはたらく事務所日記

たのしくはたらく連絡先 TEL:0771-26-2015 Mail:tanoshiku250501@apricot.ocn.ne.jp

交通費の件について

今までうちの事業所ではマイカー通勤や自転車か送迎の方がほとんどでした。
ですから、バスや電車などの公共の交通機関を利用されている方はおられなかった。
それが最近になって立て続けに電車やバスを利用される方が増えてきました。
うちではマイカー通勤以外の方には交通費をお支払いしていないので、みなさん自腹で大変だなぁと思っていたんです。
そのくらいどっかで助成できないのかと。
ところが、僕のその認識は大きな間違いでした。
亀岡市でも南丹市でも京丹波町でも福祉事業所に通所する人に対する助成があるんですね。
上限はあるものの、実際にかかる交通費のほとんどを自治体が出してくれています。
事業所を通さず利用者の方の口座に直接振り込まれますので、当然ですが悪質なことはありません。
僕は恥ずかしながらそんな基本的なことも知らなかったので、ここ数日各自治体の福祉課のほうに電話をかけまくり、書類を作りまくりの日々です。
確実に通所しているという事業所の証明が必要ですので、そういったものの作成があります。
僕がちょっとミスしたり手続きが遅れたりすると振込がされなくなる恐れがありますので、そうなってしまうと利用者の方に大変な迷惑が掛かってしまうという、重要な仕事です。
そして、そんな仕事を通じて、今更ではありますが、こういった世界では多くの人達が関わりあって当時者の皆さんを支えていることに気づきます。
それはまた僕たち支援者も支えられているということにほかなりません。
事業所、行政、公的な支援機関、などなど、沢山の歯車が噛み合って成り立っているんですね。
そう思うと余計にこの仕事がいかに大事かを痛感させられる思いです。
僕もまた小さな歯車のひとつでしかないかもしれないけれど、少なくともうちの事業所を利用されている利用者の方20名ほどの生活の一部を預かっているわけですから。
協力してくださる皆さまへの感謝の気持ちを新たにするとともに、ますます自覚を持って業務に当たらねばと思う今日この頃でした。

 

田中俊成